戸沢村 モモカミゴミバスターズ

毎年春、戸沢村で行われるモモカミゴミバスターズという河川清掃活動に参加してきました。
今年は、庄内地方から参加者を募り、応援バスツアーを企画しました。

当日は生憎の曇り空。
庄内総合支庁に参加者24名が集合。
NPO法人や一般企業、学生ボランティアなど各方面から参加していただきました。

バスに乗り込み、戸沢村へ。
片道1時間弱の道のりです。
戸沢村高屋駅で戸沢村からの参加者200数十人と合流。
300人規模での活動になります。

開会式を済ませると、活動場所である対岸へ川船で移動します。

乗船時間は10分ほど。水しぶきが涼しく、夏の船下りはとても気持ちよさそうです。
対岸に到着すると清掃開始。

実際に拾ってみると飲料容器の多さに驚かされます。
ペットボトルや空き缶、空き瓶これらだけでごみ袋はいっぱいになっていきます。
そのほかに目につくのは発泡スチロールやビニールや食品トレー。
肥料袋や苗木ポッドなどの農業資材も見て取れます。
建築関係の木切れやチューブなどもあり、流出元が多岐にわたっていることが分かります。
生活の仕方、事業分野に関らず、県民一丸となった取組みが必要だと改めて感じさせられます。

今回の清掃では大型ダンプ1台半のごみを回収。これでも例年よりは少ないそうです。

どうやら雪解けと雨による増水で流されてしまっていたようです。
流されてしまったごみは海へと流れ出し、海洋を漂い何処か遠くの地の海岸へ漂着します。
海へ流れ出す前に、河川域で回収する活動は海ごみの削減に大いに貢献していることになります。

海のごみ問題と川のごみ問題は切っても切れない関係なのです。
海と川、双方で活動する方々の交流を繰り返し、理解を深めていくことが海ごみの発生抑制において重要な取組みになっていくはずです。こういった機会を増やしていきたいですね。

第11回 飛島クリーンアップ作戦

今年も5月28日土曜日、飛島西海岸を清掃する、『飛島クリーンアップ作戦』が行われました。
今回のクリーンアップ作戦は庄内で活動する3つのNPO法人が事務局となり、市や県、大学、民間団体などと共に実行委員会を組織し、準備と当日の運営にあたりました。

当日は生憎の天気で、朝6時半に酒田港に集合したときはあいにくの雨。

今回は吉村美栄子山形県知事も参加して下さいました。

雨の中ではありましたが開会セレモニーの中で挨拶をしていただきました。
参加者一同士気が高まります。

この日の一便はクリーンアップ参加者で超満員。
今年はスタッフ含め180名が飛島に渡ります。
定員ぎりぎり、すし詰め状態で飛島へ向かいます。
幸いなことに、海はとても穏やかで定期船は揺れもせず滑るように飛島へ向かいました。

飛島についたら島の反対側、西側の田の下(たのしり)海岸へ徒歩と車で移動。
今回も、車は島民の皆さまから自家用車を提供していただきました。
全島協力体制でクリーンアップへ挑みます。
実施場所に到着し清掃作業を開始するころには雨もやんでいました。

清掃前の田の下海岸です。
昨年のクリーンアップで目立つ大きなごみはないほどきれいになっていたのですが、一年の間に多くのごみが漂着してきていました。
島民と合流し、250人体制で清掃開始。

回収したごみは島民の小舟で法木の港まで運搬します。

例年にも増して遠浅になっていた海岸。
沖の方、数十メートルまで水深10センチに満たない状況でした。
そこで、ごみの運搬効率を高めるため、浅瀬に人が並んでバケツリレーを行いました。

250人の努力の甲斐あって海岸は見違えるようにきれいになりました。

クリーンアップの後は島の女性部のみなさんが用意して下さった昼食を御馳走になりました。
飛島名物のイカ焼きにアラメの煮つけ、温かいホッケのつみれ汁などに舌鼓をうち、疲れた体を癒しました。

参加者の皆さんからは「目に見えてきれいになった田の下海岸に感動した」との声が多く聞かれました。
初参加の方からは「来島のきっかけになって良かった」、「次は釣りに来てみたい」との声も聞かれ、海岸清掃の活動だけでなく、美しく楽しい飛島を知っていただき来島のきっかけになっていけばと思います。
また、毎年参加されている方からは、「ごみ拾いをしなくて済むのが一番。ごみを出さない呼びかけをしてほしい」「流れ着くごみの元を断たなければ」との声もあり、環境意識の高まりを感じました。

11回目を迎えた飛島クリーンアップ作戦。
これからの10年に向けて気持ちを新たにみんなで頑張っていきたいですね。

さかた×ふくしま 福幸市開催中です!!

晴天に恵まれました5月19日。

酒田市は酒田まつりでにぎわっております。
時を合わせて、『支え合いつながりあう東北魂』をスローガンに掲げて
福島県物産市、「さかた×ふくしま 福幸市」が開催されています。

酒田山王くらぶの駐車場を会場に、福島を中心とした東北のB級グルメ、お土産物産の屋台が並んでおります。
福島県、会津地方などは、毎年この時期になると修学旅行のシーズンを迎えるそうなのですが、震災、原発の風評被害でキャンセルが相次ぎ、大変苦しい状況にあるようです。
今回の福幸市では会津、福島の選りすぐりの美味しいもの、名物を販売しております。復興に向けて厳しい状況に立たされている福島を応援していきましょう。
さらには酒田まつりを盛り上げ、地元酒田を元気にする意味でも、ぜひともお越しください!!


名物“あかべこ”が屋台を見守ります

ゆるキャラ、“お城ボくん”が会場でまってます!!

また、『つながろう日本!たすきプロジェクト』の募金ブースも設置しております。
1000円募金していただくと、自動車用のマグネットシートがもらえます!

第11回飛島クリーンアップ作戦参加者募集!

第11回飛島クリーンアップ作戦の詳細を掲載いたします。
山形県唯一の離島「飛島」の美しい海岸を取り戻す清掃活動に参加しませんか?

開催日時:2011年5月28日(土)午前7時~午後6時30分
     ※定期船欠航の場合は中止

開催場所:酒田市飛島 西海岸
参加費 :2,500円(当日受付にて、往復船賃・保険料・昼食代を含みます)
募集人数:50名(先着順)
申込方法:【募集期間】5月9日(月)10:00~5月13日(金)17:00まで
           ※先着順のため、定員になり次第締め切りとさせていただきますので、
            あらかじめご了承ください。
           ※東日本大震災復興支援のためのお知らせを送付させていただく場合がございますので、
            ご了承ください。
     【申込方法】FAXか電話でお申し込みください。
           ○FAX 所定の申込用紙に必要事項をご記入の上、お申し込みください。
               申込用紙は、酒田市役所1階、酒田海洋センター等にあります。
               FAX番号:0234-26-2381(5月9日(月)10:00~、24時間受付)
           ○電話 電話番号:0234-26-2381(受付時間10:00~17:00)
持ち物 :必要に応じて、飲料水・雨具などをお持ちください。
服装等 :長そで、長ズボン、帽子、長靴等作業に適した服装

主催  :飛島クリーンアップ作戦実行委員会
協賛  :24時間テレビ・山形放送
問合せ先:特定非営利活動法人パートナーシップオフィス
       〒998-0044 山形県酒田市中町1-10-17
        TEL・FAX 0234-26-2381

           
 

遊佐町地区海岸状況

4月21日の午前中は遊佐町の海岸の漂着状況を見てきました。

秋田県境、三崎公園より南下しながらの海岸視察です。

まずは三崎公園付近の海岸への降り口です。

白く点在しているものはすべて破片化した発泡スチロール

風に舞いやすいこれらの破片はあっという間に散らばっていきます…

降りた先ほこんな感じ

ちょっと掘ったくらいでは地面へたどりつかないごみの層…

流木とともに十数センチ以上は堆積しているようでした。

鳥崎地区の砂浜には魚網のお化けがありました。

海岸に打ち上げられた魚網は波や風で砂浜を転がります。

転がりながら周辺にある他の漂着ごみを巻き込みながら巨大化していくモンスターです。

ペットボトル、洗剤容器、ヘアスプレーの缶などの生活雑貨に、漁具の類。

さまざまなものが巻き込まれていました。

もはや人力では回収不可能と思われる大きさの塊が4つほどありました。

2011年。全国で海洋漂着物対策が動き出そうとしています。

きれいな海岸を取り戻せることを願いつつ。

できることから少しずつ。

着実に進んでいきたいですねぇ。