飛島クリーンツーリズム~夏休み親子体験~始まりました!

飛島をきれいにする旅、飛島クリーンツーリズムの親子向けツアーが始まりました。
これは山形県主催の海岸漂着物対策事業で、島内の体験活動を当法人が担当しています。
7月19日-20日の土曜-日曜、2日間にわたって村山地区の親子15組30名が飛島を訪れました。

一日目は体験活動でシュノーケリングをする予定でしたが、
あいにく県内全域に大雨、雷、洪水注意報が発令されていたことから、中止となってしまいました…
室内プログラムとして、飛島や庄内の海岸に落ちていた漂着物でオブジェを作るアート体験を行いました。

夜は、夕食後に夜光虫観察。
波の刺激を受けると青白く光る水生生物、夜光虫と星空を見に行きました。
町から遠く離れ、人工の光がない飛島は絶好の観察スポットです。
光る海に歓声が上がり、見上げた星空にさらに感動していました。

2日目は清掃体験です。
島の西海岸を目指します。
そこには人の手が加わっていない自然のままの海岸線が広がっています。

流れ着いたごみを熱心に回収していました。
大体30分くらいで20Lのごみ袋はいっぱいになりました。


30人で15袋のごみを回収して、記念撮影をしました。

清掃後は、休憩を兼ねつつ、磯遊びです。
思い思いに貝殻を拾ったり、ヤドカリを捕まえたり、カニを追いかけたりしているとあっという間に時間が過ぎます。

行き帰りの移動中も見どころ満載です。
飛島案内人、コンシェルジュの2人が、自然や歴史、文化の注目スポットを解説してくれます。
ちょっとしたトレッキング気分で移動です。

最後に座学を行い、2日間学んだことを振り返りました。
お昼ご飯を食べてからは自由時間。
海水浴をしたり、魚釣りをしたりして、夏を満喫して飛島を後にしました。

帰りの定期船も、楽しみ満載です。

ウミネコと戯れていると、あっという間に酒田港。2日間お疲れ様でした。

エコタビ~鮭と渚とアートと海ごみ~、終了しました!

天気に恵まれ、予定していた全日程を無事に終了しました。
まずは、鳥崎海岸にてICCモニタリング調査。

5m×5mで区切った地点を3つに分け、班に分かれてごみを拾います。


拾ったごみを漁村センターに持ち帰り、データカードに沿って分類します。
その後、班ごと多かったごみの品目をチェックし、どうすればこれらのごみが少なくなるか、意見交換を行います。

ICCの調査後、以下3つのテーマについて学習会を行います。
1、庄内海岸の水中ごみレポート
2、新聞記事からみる漁村の廃棄物管理と漁村社会
3、海岸漂着ごみについて


その後、地元遊佐の漁師さんと参加者で鮭の三平汁作り!

最高の三平汁と、新米、遊佐のお母さんたち手作りのお漬物で交流会。

盛りだくさんの1日目でした!

遊佐・鶴岡 クリーンアップ応援作戦実施しました

遊佐町は9/14(土)、鶴岡鼠ヶ関は10/5(土)クリーンアップ応援作戦を開催しました。

遊佐は30人、鶴岡は60人ほどから参加いただきました。

詳細についてはプラットフォームのホームページとフェイスブックの方に写真を掲載しています。

ご覧ください。

リンク:美しいやまがたの海プラットフォーム

リンク:フェイスブックページ

アイランダー2012、報告(おみやげ編)

 

飛島で魚・海藻・イカなどを天日干しするときに使われている、「よしず」。

この上に、今回様々なお土産を並べました!

まずは、この日のために緑のふるさと協力隊の松本くんが作成した、「魚拓缶バッジ」。

“マダイ”(写真左)と〝カンダイ”(写真右)の2種類あります。

飛島の旅館やマリンプラザに飾ってある魚拓から作成したそうです。

こちらは、「とび魚の焼き干し」。お手頃価格で販売しました。

アイランダーの会場には、他にもとび魚製品が多数並んでいましたが、

この焼き干しの形はその中でも珍しく、作り方も一味違います。

こちらは、今秋から始まった「飛島アーカイブス 飛島絵葉書プロジェクト」にて制作された「飛島絵葉書」。

今回は、これまでに完成した8枚をセットで¥600、1枚¥100円で販売。

作画は風景画家の吉田祐子さんです。

 

このほかにも、飛島で栽培されている「天保そば」と飛び魚だしめんつゆのセット、「飛島や」を販売しました。

これからますます飛島の魅力を発信して行きたいです。

 

アイランダー2012、報告(飛島ブース編)

11月24・25日に開催された、「アイランダー2012」に行ってまいりました。

(関連:アイランダー、2012開催!)

今年は、全国から63団体もの出展がありました。

飛島ブースがこちら。

2012年の飛島でのイベントの報告や、しまカフェの報告、飛島の食べ物・お祭り・生活の紹介などを

パネルにまとめ展示しました。

 

また、中央のテーブルには、飛島のお土産や情報誌を並べ、

どなたでも手にとって見ていただけるようなスペースにしました。

たくさんの方が、飛島ブースに興味を持ち、立ち寄ってくださいました。

ありがとうございます!

スタッフ全員で記念撮影。
島民・酒田市・山形県・東北公益文科大学・とびしま未来協議会・パートナーシップオフィスの面々です。