水辺の散乱ゴミ指標評価手法マニュアル

 2004(平成16)年、河川や海岸における散乱ごみ(プラスチックなどの人工系のごみ)の実態を把握するために、「水辺の散乱ゴミ指標評価手法」を開発しました。この評価手法では、海岸線10mあたりの水辺の散乱ごみの量を、20Lのごみ袋が何袋分あるかを基準として、12段階にランク付けします。身近なごみ袋を指標にすることで、重量を量る秤などの特別な器具を必要とせず誰もが調査を行うことができます。
2018(平成30)年、昨今のプラスチックごみによる海洋汚染問題の深刻化を踏まえ、同手法を広く活用していただくために新たにマニュアルを編集、発行しました。また、国外での活用を想定し、英文マニュアルを同時に発行しました。尚、発行の経費には、第18回日本水大賞・国土交通大臣賞の副賞を充てました。

水辺の散乱ゴミ指標評価手法の必要性

 海岸等に多量に押し寄せる漂着ごみを効率的に回収、処理するためには回収前の段階で「どの海岸に」「どの程度のごみが」「どのように」漂着・散乱しているのかを客観的な指標をもとに評価することで、次のようなメリットがあります。
・同手法を用いて事前調査を行うことで、回収処理事業の規模をより正確に推計することが可能になります。
・回収事業後に再度調査を行うことで事業によって海岸漂着物が何%削減され、どの程度、目的が達成されたのか評価することが可能になります。
・海洋環境の保護を第一に考えるならば、より甚大な被害を受けている、漂着量の多い水辺から優先的に回収することが得策です。
 限られた予算の中で清掃すべき海岸の優先度を判断する材料になります。

水辺の散乱ゴミ指標評価手法の開発の経緯

 2003(平成15)年から2004(平成16)年にかけて、最上川流域等をフィールドに、国土交通省東北地方整備局山形河川国道事務所の発議による「水辺における散乱ゴミ等の指標化」に向けた検討を実施しました。検討に先立ち、山形河川国道事務所と特定非営利活動法人パートナーシップオフィスの間において協議を行い、パートナーシップオフィスが開発経費の一部を負担するなど、同手法の普及を図っていくための工夫を重ねました。

マニュアルデータのダウンロード

PDFファイル 「水辺の散乱ゴミ指標評価手法マニュアル」の発行に際して
PDFファイル 水辺の散乱ゴミ指標評価手法マニュアル(日本語)
PDFファイル 水辺の散乱ゴミ指標評価手法マニュアル(英語 A Guide to the Index Based Evaluation Method of Onshore Litter)

山形トヨタ 親子で楽しいエコイベント「海辺の宝箱づくり」

10月7日(土)三川町いろり火の里にて、山形トヨタ 新車・中古車フェアの1企画
「親子で楽しいエコイベント」に参加し、「海辺の宝箱づくり」を実施しました。
DSC01165

具体的には、海岸にたどり着いたプラスチック製品、貝殻や木の実、シーグラス
などを材料にして、木箱の中でアートオブジェ作りを親子で体験。
工作を楽しみながら、海のごみ問題や自然環境について関心を持ってもらおう、
という企画です。

まずは素材選び。木箱に入れたい素材をじっくり探します。
DSC01157

使いたい素材が決まったら、木箱の中に素材をグルーガンでつなぎ合わせます。
さて、何ができるかな。DSC01140DSC01184

作り始めると、皆さんスゴイ集中力と創造力を発揮。
完成した作品たちは、どれも個性的で力作ばかり。
子ども達の豊かな想像力に感心しきりでした。
DSC01142 DSC01151DSC01177

アートを作りながら、自然物、人工物、さまざまなものが海岸に漂着している
ことを実感。親子で海ごみの話をしている姿も。
プラスチック等の人工物のない、美しい海岸をみんなで目指したいですね。

次回は以下の会場で実施しますので、ぜひ皆さん遊びにいらして下さい。
お待ちしております。
・10月21日(土)イオンモール天童南側駐車場
(参加団体:パートナーシップオフィス・イヌワシの森倶楽部)
・11月以降 山形トヨタ販売店内で実施予定
(詳細が決まり次第お知らせいたします)
※両日とも10時~16時まで。

 

学生応援クリーンアップ作戦「いくべ、飛島。」実施しました。

DSC00211

今年で2年目となる学生応援クリーンアップ作戦。
8月31日から飛島に4泊し、島の海岸を徹底的にクリーンアップする予定でしたが、
台風15号の影響で、飛島1日・遊佐町十里塚海岸2日のクリーンアップに変更と
なってしまいました。

飛島をじっくり清掃できず、残念無念・・・ではありましたが、
去年より参加人数も気合もパワーアップした学生達の頑張りは、とても素敵でした。
短期間で多くの海ごみを回収でき、学生達が去った後の海岸はさわやか、きれいに。

全国から集い活動に参加してくださった学生の皆さん、
本当にありがとうございました。
若い力に感動。
また、飛島でお会いましょう!

清掃活動の様子は、以下をご覧ください。

美しいやまがたの海プラットフォーム facebook
https://www.facebook.com/yamagatapf.info/?hc_ref=ARSNJKkZdtj8HPHOWeeMfLf-jABBuBcfPF2qsJq1Q78_4OLGKsBODBYWFmpxLGbV4M0

 

第17回飛島クリーンアップ作戦 実施報告


 DSC03920

5月27日に実施予定だった飛島クリーンアップ作戦は、海上荒天のために
帰りの定期船が欠航となり、残念ながら中止となりました。

今回は前日26日に実行委員会スタッフ17名(うち学生8名)と島民23名の
計40名で小規模なクリーンアップを田下海岸で実施。限られた時間と人数で
精いっぱいゴミ拾いをしました。

 3時間弱で可燃ごみ170㎏、埋立ごみ他(漁網を含む)330㎏  合計500㎏を回収。
小規模でしたが、清々しい汗をかきながらのクリーンアップとなりました。
来年こそは、当日天気に恵まれたクリーンアップができますように。

※当日の詳しい状況はこちらをご覧ください。カワカラ・ウミカラ

第17回 飛島クリーンアップ作戦 参加者募集!

今年で17回目となる飛島クリーンアップ作戦。
5月27日(土)に開催します。
心地よい潮風に吹かれながら、飛島で清掃活動をしてみませんか。

CUPチラシ

今回は例年より募集人数も増えました!
皆さまのご参加をお待ちしております。
※募集期間は5月8日(月)10時から5月9日(火)17時まで。
電話、FAXまたはメールで受付。
詳しくは以下のチラシPDFをご覧ください。
CUPチラシ17 (表)    CUPチラシ17(裏)   CUPチラシ17(裏)word版