飛島:イオングループ社員研修がありました

7月22日・23日。
イオングループ労働組合の社員研修「五感塾」が飛島でおこなわれました。

地域に働く人に触れ、五感で学び、人間力を高めてよりよい人材を…という活動を展開している、五感塾。
飛島での開催にあたり、パートナーシップオフィス・しまの家としてサポートしました。

また、今年で10回目を迎えた「飛島クリーンアップ作戦」を切り口に海洋・海岸漂着ごみ問題の講義を金子理事がおこないました。
座学のあとは即実践。
とびしま総合センター近くの鴨の浜でクリーンアップを実行しました。

真夏の強い日差し、高い気温のため、参加者の体調を考慮して40分ほどで作業を切り上げました。
それでも2.5立方メートルのごみを回収しました(プラスチックなど人工物。流木などは自然系ごみは回収せず。)

お手伝いに来ていただいた島民の方が
「こいだばジャスコさ買い物に行がねばねの」
と、もらしていたのが印象的でした。
商品と代金のやり取りでは決して得られない結びつきが、そこに見えた気がしました。

クリーンアップ終了後は、小休止のあとグループごとに分かれて島内トレッキング、シーカヤック体験、シュノーケリングをおこないました。

夕食のとき、
「飛島の良いところだけでなく、問題点にも触れて本当によかった。いろいろなものを感じた」
そう語る参加者の笑顔はとても素敵に輝いて見えました。

真っ赤に日焼けした肌は、熱いお風呂で痛いだろうなぁ…

新定期船「とびしま」就航歓迎式in飛島

酒田-飛島を結ぶ定期船が新しくなりました。

7月17日、新定期船「とびしま」の歓迎式が飛島・勝浦港マリンプラザ前の緑地広場でステージを設え、来賓を招き、盛大に行われました。

勝浦港に入港する定期船「とびしま」

定期船の入港にあたり漁船の歓迎パレードがありました。写真では小さく右はじに写っています。
大漁旗を靡かせた飛島の漁船が定期船に続く形で海を行く様は圧巻でした。

公益大、和太鼓部による歓迎の演奏もありました。

おなかの底に響く太鼓の音。
踊るように、全身で太鼓を叩く演奏はとても勇ましい。
島中に太鼓の音が響きます。

合わせて伝統芸能の天狗舞い、獅子舞やとびしま小唄なども披露されました。

来賓には赤飯や蒸かしたごどいも、イカ焼きなど飛島の食材がふるまわれました。


朝6時から島のお母さんたちが準備したごちそうです。
夏の日差しの中で食べる郷土料理とビールはとても美味しそうでした…
カメラを回してたら食べるタイミングを逃しました(;_;)

一通り歓迎セレモニーが終わると、島民に定期船内部が公開されました。

見学を終えて港に降りてくる島民から口ぐちにもれるのは
「最高だのー」
「素晴らしけなー」
「きれいになて良がったの」
の声。

島民、観光客の足として。
これからの「とびしま」の活躍に期待しましょう。

庄内海岸・北から南

平成22年7月14日。

山形県の海岸漂着物対策推進協議会の現地視察に同行しました。
天気は雨。時折強い風が吹きます。
どうやら、雨男がいるようです(私じゃないですよ、たぶん…)

今回は庄内地方の海岸を順次見て回る予定です。

秋田県境三崎付近から海岸線に沿って南下、新潟県境目前の鶴岡市、鼠ヶ関を目指します。

山形県の海岸線を北から南へ一日で縦断する強行軍です。

今回視察した場所の中から数か所選んで、北から順に紹介します。

三崎公園付近。海岸を埋め尽くす漂着ゴミ。
流木、海藻に混ざって人工物が波打ち際に帯を作っています。

赤川

赤川河口右岸より北に広がる砂浜。
この場所は、7月4日に清掃活動を行ったばかりなのですが…
梅雨の時期、悪天候が続いたこともあり、プラスチック片など人工物が漂着していました。

鶴岡市加茂水族館、南側の駐車場から見える消波ブロック。
漁網、ロープの類が絡み、食品包装などと一緒にブロックの隙間に入り込んでいました。

鶴岡市、温海地区の早田海岸。
地元ボランティアによる清掃活動が行われた後で、漂着ゴミがまとめられていました。
鶴岡市が後日回収に来るそうです。

最後に訪れたのは鼠ヶ関の海水浴場。
海開きを前にかなりきれいに整備されていました。

写真で紹介した場所のほかにも、十数か所視察して回りました。

これからの海水浴シーズン、夏の日差しの中の、青い海と白い砂浜は気持ちいいもの。
油戸海岸でお話を伺った住民会長さんによると、夏場は観光客のみなさんにきれいな砂浜で楽しんでもらおうと、朝の薄暗い時間から清掃活動をするのだそうです。

海水浴場に訪れた際には、陰ながら砂浜を支えている人々がいることを思い出してみてください。